観葉植物を育てること

将棋

 観葉植物がリースされてくると、なんだかうれしくなって世話をしたくなります。太陽にあててみたい、水をあげてみたりと色々と世話をしたくなります。ここで注意なのが水の上げすぎです。観葉植物は水をあげすぎると根が腐り弱ってしまうものがあるのです。どのくらいの頻度で、どのように水をあげればいいかリース業者にきくとよいでしょう。  自宅であればまだいいのですが、オフィスとなるといったい誰が水やりをするのでしょうか。観葉植物の水やりは大切なので、水をあげる担当を決めておくのがいかもしれません。水やりを定期的にやっているのに、なぜか弱っていたらもしかするの他の誰かが善意で水をあげているかもしれません。そのようなことが起こらないようにするにはやはり水やり担当を決めるのがよいでしょう

 観葉植物をリースして、オフィスや自宅に緑があふれるのはとても楽しみなことです。緑色にはリラックス効果もあり、心の健康にとてもいいといわれています。  せっかくリースした観葉植物は元気に育って欲しいものですし、活き活きとした植物を見ることはこちらも元気になるものです。逆にリース後に害虫がついてしまったり枯れてしまたりすると気分も悲しくなってしまいます。  観葉植物でリースされてくるものは比較的丈夫な種類のものが多いのですが、簡単にできる害虫防止対策をお教えします。それは葉っぱに霧吹きで水をやることです。通称これは葉水というのですが、葉っぱに霧吹きで水をかけることで害虫を予防することができます。また緑もとてもきれいに見えますので是非やってみてはどうでしょうか。